Loading

haretara 公式ブログ Official Blog

オーダーメイドインソールで外反母趾に対応

外反母趾とは


外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がり変形した状態の総称です。

主な原因は足に合わない靴を履くことによって起こります。この症状は女性に多く見られ、かかとの高い靴を長時間履いている場合になりやすいものです。

特にハイヒールは足底にかかる体重が前足部に集中してしまう結果、足が横に広がる開帳足(足指の付け根のアーチが平らになった状態)になります。

しかし、だからと言って幅の広すぎる靴を履いても足が前に滑って爪先が圧迫され発症する場合もあるので注意が必要です。きちんと自分の足に合った靴を選んで履くことが肝心だということを覚えておきましょう。

これと同じ要因ではありますが、外反母趾とは逆に足の小指が親指側に曲がってしまう内反小趾と呼ばれる症状もあります。

 

合わない靴が原因


足の裏には全体重がかかるため、それを分散させ足の負担を軽減させるのに土踏まずがクッションの役割をしていますが、合わない靴を履くことにより足裏のアーチが崩れてしまうと扁平足の原因にもなります。

それにより外反母趾の症状が進行すると痛みが現れ、歩いたり立つだけで痛みを感じるようになってしまうのです。加えてタコやマメができたり、骨の変形が起きると足をかばう歩き方の癖がついてしまいます。このような状態が長期間続くことにより、体の左右のバランスが崩れ、膝や腰、肩の痛みを併発してしまうのです。

これらの症状の治療には手術や運動での改善策がありますが、まずは毎日の生活で簡単に取り入れられるものをご紹介します。

 

足裏の筋肉を鍛える


まずは、足裏の筋肉を鍛えるトレーニングです。足の指を使って、じゃんけんのグー・パーの形を作ります。それを何度か繰り返しストレッチするような感覚で動かすのです。

その他には、椅子に座った状態で床にタオルを置き、足の指を使ってたぐり寄せるのも効果的です。

あとは効率的に隙間時間を使ってトレーニングするのなら、歯磨きなどの時間に立ったまま足を軽く肩幅より狭いくらい横に広げ、かかとを上げて爪先立ちをします。その時、かかとを下すのはゆっくりとしてください。

どのトレーニングに関してんも継続的に行うことが改善に繋がるので、毎日少しずつでも是非続けてみてください。

 

インソール(中敷き)を使う


そして、最後の方法は靴にインソール(中敷き)を入れる方法です。爪先への負担を軽くするために、足指の付け根と土踏まずのアーチを支えます。オーダーメイドインソールはその人それぞれの足裏にしっかりと合ったものを作ることができるので生活の質の向上にうってつけです。

手軽に取り入れられるトレーニングとインソールを上手に使って外反母趾の改善に役立てましょう。

当店オーダーメイドインソール工房haretaraでは足や靴に合わせたインソールをリーズナブルに製作いたします。

費用は6000円から25,000円ほどです。
ぜひご利用ください。

その他の記事一覧